渡部 真由香

ヴァイオリン / ヴィオラ

プロフィール

1999年広島県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。第12〜14回関西弦楽コンクールにて優秀賞、審査員賞受賞。第32回アジア国際音楽コンサートにて最年少で審査員特別賞を受賞。第70回全日本学生音楽コンクール、大阪本選にて入選。第26回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール本選大会にて銀賞受賞、全国大会3位入賞。第16回万里の長城杯にて最高位受賞。第2回FUGA国際コンクールにて銀賞受賞。第3回豊中音楽コンクールにて2位入賞。また2013年コンクールの副賞によりcasa di verdi(イタリア)にて日伊交流コンサートに出演。好評を博す。2015年、東京国際芸術協会の助成を受けてウィーン国立音楽大学のマスタークラスを受講。Alexander Arenkov教授の推薦を受け、修了演奏会等に出演。好評を博す。ディプロマ取得。同年、TIAA管弦楽団と共演。2016年よりミュージックアカデミーin宮崎、オホーツク紋別音楽セミナーに参加。ドンスクカン氏、パヴェルヴェルニコフ氏に師事。また様々な国際交流事業の貢献が認められ、中国音楽理事会より日本人初の感謝状を授与される。日本クラシック音楽コンクールをはじめ、数々のコンクールで入賞、入選。同年、神戸山手女子高等学校 音楽科に特待生として3年間在籍。高校在学時より、学内外の演奏会だけでなく病院や老人ホームなどの訪問演奏にも積極的に取り組んでいる。これまでに奥野敬子氏、漆原朝子氏に師事。現在桐朋学園大学に1年在学、特任教授 徳永二男氏に師事。
2020年4月、ソフィア国立管弦楽団(ブルガリア)と共演予定。

高校生の時から、出張演奏の経験が豊富です。
すごく丁寧な、学生らしさのある方です。

メニュー

評価

同じ楽器の演奏家

渡部 真由香

相談してみる
リクエストする